So-net無料ブログ作成
検索選択

私が宝くじやギャンブルをやらない理由 [ネタ]

少し前、NHKで最近の若者は宝くじを買わなくなったというようなことをやっていたが、私も宝くじを買わない人である。その理由は、数学をやっている人なら気がついていると思うが、いわゆる確率が低すぎるからである。いわゆる、集めたお金のうちどれくらい返しているか?というと、2割とかその程度だった(記憶は曖昧だが、まあかなり低い)からであり、普通ならそういう勝率の低いものに金をかける気はしないということである。
加えて、かなりは地方自治体の税収入になっているようだが、かなりの金額が天下り企業に言っている事である。いわゆる宝くじ振興会とかいう名前だ。
これを知っているとアホらしくて買う気にならない。
まあ、いわゆる呼び込みの台詞が「一攫千金」というやつなのだが。だから、当選金額をどんどんでかくして買わせようとしているのだが、6億円より、600万が1万人に当たると言った方が売れるかもしれない(笑)。まあ、当選確率が上がらなければ買わないのだが。

で、一攫千金という意味ではギャンブルというのがある。これは、人間の脳の仕組みで得する方に過敏に反応し、いわゆる、快感を感じるホルモンが分泌されるから(いわゆる脳内麻薬的だろう)、それにハマってしまうというのがある。例えば問題になったGreeの不正の話もこの原理のようだ。
「行き過ぎたソーシャルゲーム GREEで不正行為の内幕 」
http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A90889DE1EBE2E1E0E4E4E2E0E1E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E2EBE3E3E0E2E3E2E1E7E2E4
元ネタが日経なだけに話半分に見るべきだが、まあ、大きくは間違ってなさそうな気がする。まあ、基本GreeだろうがDeNAだろうが全く興味はないし、この辺規制したら、この2社はやっていけなくなる気がするが。是非そうして欲しい所だと思う記事だが。

で、まあ、どこに面白さというホルモンを出すか?という所だが、どうしても価格対効果を考えてしまうと、今まで書いてきたように、確率論的にどうしても損をするというイメージがつきまとい、全くやる気が失せてしまうのである。つまり、ギャンブルにしろ、宝くじにしろ、真っ先に確実に損をする(確率論的に)と考えてしまうため、どうしてものめり込むどころか、最初から抵抗感があるのである。実際、韓国やらマカオなどいくつかの国のカジノとかにも行った事はあるが、スロットすら躊躇するし、いわゆる楽しもうという感覚もしぼんでしまう。これはカジノの限らず、実はパチンコすら同じだ。

ちなみに確実にギャンブルとかで勝つ方法というのもあるが(カードとか全て覚えるというやつね)、こういうのをやってしまうとカジノとかに目を付けられ、出入り禁止になるというのは、映画とかでもやっていたんだけどね。結局、絶対に勝てなくなっているということだ。

で、どこにそいうホルモンが出るか?というと、私の場合どうもゲームらしい。ゲームと言っても、それをプレイすることだけでなく、色々持つ事なのかもしれない。実際にいくつかはプレイしているが、いわゆる積みゲー状態にしていること(不本意だが)もそういうのがある感じがする。
実際この半月の間にこれだけのゲームを買ってしまっている。
○And Yet it Moves $2.49
日本語対応
○Serious Sam Double D $2.72
○Serious Sam 3 BFE $13.60
日本語対応
○Serious Sam 2 $3.40
○Ceville $2.49
○Jast Cause 2 $6.79
日本語可MODによる日本語対応。
http://www.dos-v.biz/wiki/jp/index.php?Just%20Cause%202
○A.R.E.S. Game + Berserker DLC + Soundtrack $4.07
日本語対応
○Wolfenstein $4.99
○Alan Wake Collector's Edition $29.99
日本語対応
○The Misadventures of P.B. Winterbottom $1.69

今回はALAN WAKEが高かったので、合計金額は高めで$72.23、日本円にして、5800円程度か。ちなみにゲーム数で合計10本。先にリンクを紹介したGreeのスロットに使うよりずっと安いし、下手にパチンコとかに使うと、一回でこれくらいの金額は使ってしまう人もいるのではないだろうか?
しかし、ゲームだと、その何倍の時間も楽しめる。まあゲームが楽しめればだが、もちろん、なんでもかんでも買っているわけではなく、面白そうな物を選んで購入しているつもりだ。実際プレイしてみてつまらなければ、見る目が無かったとか、いわゆる知識が足りなかったというゲームまで楽しめる。ゲームをプレイした後レビューとかも書けば更に楽しめる。価格対効果は、色々な意味で高いと考える事が出来る(もちろん、そうは思わない人が多数だろうけど)。こういうのに、楽しい、うれしい、得したホルモンが出るようになってしまったため、全く宝くじやギャンブルに魅力を感じないようになってしまった。

これが、私が宝くじやギャンブルを全くやらない理由である。
まあ、無駄をどんどん省いたらそうなったというだけではあるが。
宝くじもギャンブルもGreeもDeNAも私に取っては無駄な物なんだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。