So-net無料ブログ作成

アップル製品の品質劣化? [ネタ]

またロケットニュース24からのネタだけど、他にもスラドとかにも出ていたもの。

http://rocketnews24.com/2016/08/29/793143/

いや、どうもティムクックになってからのソフトウェア品質の劣化が酷い気がして。
OSをアップデート、パッチリリースごとに、問題を起こす。
iOSに関しては、脱獄対策などのセキュリティ(そういや、修理すると使えないというのもあったなぁ)や、純正にこだわりすぎて不具合を出している気もするが、どうもそれが加速度的に酷くなっている気がする。ちなみにこれを書いているのはマックだけど、OSは、古いまま。10.9ですな。理由はアップデートしたら不具合が出る可能性があるから…と思っているうちにどんどんOSが進んで行き、かつ、私が持っているMac Miniで新しいOSの恩恵を受けられない(いわゆるチップが古すぎて対応してないため、速度アップとか望めないだけでなく使わない機能の為遅くなる)ので、上げても意味が無くなったから。そもそも新しいOSは私が必要としない機能ばかり搭載し、メリットが無いので。
が、どうもスリープで不具合がたくさん出るので、非常に困っている。
ThunderBirdとかスリープ復帰後UIがフリーズするし(バックグラウンドでは動いている)、そもそも純正アプリであるiTunesの不具合が酷い。再生速度が遅くなることがあるわ、一番頻繁に起こるのがウィンドウがおかしくなること。小さくなる、配置が変になるなど、もう。無茶苦茶。

iTunesといえば、バージョンアップごとにUIが使い難くなっている。今まで使っていた表示が出来なくなり、使っていたボタンが無くなっていたり、慣れるまでものすごく大変。最近はPodcastの処理もおかしくなっていて、勝手にダウンロードしたデータを消してくれる(クラウド表示になる)。再ダウンロードしようとすると、リストそのものを消してくれるので、聞けなくなる。もう無茶苦茶。

ハードウェアが更新されない(というかマックね)というのも取りざたされているが、ソフトウェアだけでなくハードウェアの品質も劣化しているんじゃないか?とロケットニュースを見ると思ってしまうが、ちなみに伊藤洋一さんのブログでは、アップルウォッチを洗濯しても大丈夫だったそうな。
(8/29の記事)
http://ycaster.com/diary/index.html

ずっとアップルを使ってきた部分はあるけど(LC−475が最初のマック、使ったのはMacII CIあたり、CXだったかな)、そういえば、ティムクックになってからアップル製品を買ってない気がする。
最後に買ったのは初代iPadの頃。早々にサポートから外れ、使えなくなったけど。
ちなみに、そういう意味で、一番新しいのは、iPod nano。でも、これは、電池不具合による、サポートプログラムによる新品交換によるもの。やっぱ、もうアップル製品を買うことは無いのかもしれない。
#ちなみに今使っているMac Miniは既に壊れている。というか壊した。SSD換装時にファンのコネクタを破壊。現在ほぼ無音に近いMac Miniになっている。いつ壊れてもおかしくない(夏だし)けど、温度が上がると、速度が落ちるみたいで、保護気候が働いているっぽい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。