So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10が終了しなくなった [備忘録]

原因と思われる物は、セキュリティソフトのESETのライセンス切れに伴い、アンインストール、カスペルスキーをインストールした。すると、再起動で止まる、Windowsが終了しなくなりました。
いわゆる、何かが終了(再起動)を阻害していて、バックグランドで動いている感じ。

ESETが原因かと思い色々調べたけど、昔のバージョンはアンインストールが出来ないとかはあったみたいだけど、該当するものはなく。実際に怪しいプロセスも見当たらない。

また検索していてよく見たのが、Windows8.1?の頃から出始めた、電源オプション内の起動を速くするオプション。これも、該当しなかった。

で結局たどり着いたのがイベントログを調べること。
つまり、終了できない理由のプロセスを探すということ。
その終了に引っかかっているプロセスをメモし、検索。
で引っかかって探したのがこのページ。
http://it-benkyou.seesaa.net/article/434944578.html
正直、書かれてある内容はさっぱりわからない。
どうもアクセス許可が下りずに終了プロセスが行えないっぽい。
というわけで、レジストリをいじった。アクセス許可を与えるように。
が、そこまで。
DCOMの設定変更をします。スタートボタンを右クリックしてファイル名を指定して実行をクリック、dcomcnfgと打ち込んで実行します。
とあるけど該当するものがなくここでやめた。
が、これ以降、Windowsが終了するようになった。

結局原因はよくわからないし、レジストリも良くわからないものをいじるのでかなり危険。
でも、一応治ったようなので、備忘録。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。