So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows10 メディア作成ツール? [レビュー]

Windows10メディア作成ツール(でいいのかな?)というのがあります。
http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO
まあ、リンクを貼るより、Windows10 isoでググった方が簡単に出てくるけど。
ページの内容が私がダウンロードした時から更新されていてちょっと違っている。
エディションの選択という表記に変わりどうも良くわからなくなっている。
NとかKNとか一体なんなんだろう?
というわけで以前のページについて説明する。

以前は32ビットバージョンと64ビットバージョンでダウンロード出来た。
これはこのアプリを起動するOSで決まる物だった。
起動してしまえば同じ。
あとは
・アップデートする
・メディアを作成する
というのを選択。メディアを作成するを選ぶとDVDディスクとUSBメモリのどちらに作るかを聞かれる。また、32ビット、64ビット、両方というのが選べるが、それぞれ約3GB、4GB、6GBとなっていて、それに合わせたメディアが必要になる。両方というのが単純に32ビットと64ビットを足したサイズ。メディアに焼くにはDVDーDLか8GBの容量が必要。

でアップデートするを選ぶと、ダウンロードが始まりアップデータをダウンロード後、アップデートされる。自動ダウンロードより早いので結構オススメ。まあ、互換性チェックをしないらしいので上級者向けとのことだが。

で、ディスク(USB)でアップデートしようとすると、プロダクトIDを要求される。これは、OEM版の場合は、マシンに貼ってあるプロダクトIDを必要とするが、Win7→Win8とアップデートされているとプロダクトIDは蹴られてアップデート出来ない。
なので、メディアを作ってアップデートしようと思っても、イマイチ使い難い気がする。
まあクリーンインストールすることは可能なので、作っておくのもアリかもしれないけど。

ちなみにクリーンインストールかアップデートか?だけど、どうもアップデートすると、ドライバ類を引き継ぐような感じらしいので、問題が起き難いらしい。トラブルを避けるにはアップデートの方がいいかもしれない。

Ideapad U310にWindows10 [レビュー]

Lenovo Ideapad U310(i5 3317-1.7Ghzx4 CPU3010)にWindows10をインストールしてみました。
ノートPCで、もともとWindows7ベースのマシン。
ドライバ類が気になったけど、まあ、今はそんなに使ってないので試すのにいいかと。
とりあえずWindows10を触ってみたかったというのがあって。
インストールには約2時間。コピーとかセットアップに1時間、インストールに1時間という感じ。
ちなみに、インストールにはメディア作成ツールからアップデートした。
特にぶつかるアプリケーションは出て来なかったです。
で、すんなりアップデート。
かと思いきや、しばらく電源をいれてアイドル状態にしていると再起動がかかる。
エラーメッセージはちゃんと読む暇が無かったけど、
「KERNEL AUTO BOOST…なんちゃら」
というメッセージ。何かがぶつかっているらしい。
またLenovoのアプリがぶつかっているのか?と思って、関係無さそうなワンキーリカバリとかアンインストール。その時に、新しくLenovoのアプリが追加されていることに気がついた。
でそれを起動して何かしらをインストールしたらどうも安定したっぽい。
4時間くらい再起動しなかった。
どこにも説明は無いが、そういうアプリが自動的に入るのかもしれない。
まあ、メインマシンをWindows10にするつもりは毛頭ないけど。

で、触った印象。
Windows8と変わらない印象。
スタートメニューを右クリックするとWindows8と全く同じメニューが出てくる。
左クリックすると一応スタートメニューが出るが…Windows7に似せて作ってある。
しかしプログラム一覧を見ると、ABC順に並んでいて、Windows8.1のアプリ一覧を縦に並べただけ。全然使いやすくなっていないというか、単にメトロUIにならないように下だけで中身は同じ。
どういうことかというと、例えばインストールしたアプリを起動しようとすると、どこにあるのかわからない状態に陥る。
試しにモンスターハンターベンチとBIO HAZARD5のベンチを入れてみた。
MHF大討伐はCAPCOMという分類の所にあるが、BIO HAZARD5がわからない。
CAPCOMという分類の中でもバイオでもBIOでも見つからない。
どこにあるかというとゲームの分類の中。
ちなみにGameとゲームという分類で2種類があって、これもわかり難い。
結局、メニューからたどって行くということは出来ず、Windows8のわかりにくいUIから何も変わっていない。
ちなみに、アクセサリ類がどこにあるのかと見てみた。
電卓はメニューの中にあるが、ペイントは見つからない。検索しても見つからない。
一体どこにあるんだろうか?
という感じでWindows8で使い難くなった部分はそのまんま、スタートメニューを追加しただけという印象。
ちなみに速度的に早いという噂を聞いたが、そうでもない。
逆に起動時の黒画面が長く、遅くなった印象がある。
立ち上がった後も、タスクトレーの中のアプリが立ち上がるのは遅い。まあ、WIndows7と変わらない感じ。一応トレーのアプリが出てくる前にも操作は出来るが、アプリの立ち上がりが遅いので、結局は2〜3分間は使えないと思った方が良い。
なんか期待はずれという印象で、まあ、期待していたからかもしれないけど、WIndows8.1マシンを上げたいと思っていたけど、上げなくていいや。互換性も心配だし。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。