So-net無料ブログ作成
検索選択

ウィンターセールその4 [Steam]

今更ですが、ウィンターセールで買ったもの。
レビューがないものもあります。
・Plazma Being 99 JPY
 アクションパズルかな〜
プラズマで出来ている主人公?が宇宙で捕まって、閉じ込められる
けど事故?があって、逃げ出すチャンスだ!ということで
逃亡を図るというストーリーっぽい。
 で、操作は左右とマウス操作。マウスで、物を掴んだり固定したり
(ブロックに寄って機能が違う)して先へ進んで行くというもの。

・Craft The World 470 JPY
 自動行動のドワーフに、色々指示を与えてマップを拡張していく
ゲーム…っぽい。というか、なんかやたらと時間がかかる上、
ドワーフのAIが結構バカで、指示通りに動かなかったり、
高い所から何故か落ちたり。で、時間でモンスターが出てくる
んだけど、最初のうちはちゃんと戦ってくれるのに、モンスターの
ラッシュが来たら逃げ惑う。よくわからない。

・Grim Fandango Remastered 296 JPY
 なんか面白いらしいというので購入したが字幕すら無い。

・King's Quest - Chapter 1: A Knight to Remember 105 JPY
 安い!と思って買ったらチャプター1だけだった…。
 ちょっとやってみたけど、詰まった…。色々試すが先へ進めない。

・Xenocide 149 JPY
 上から見下ろしタイプの全方向アクションシューティングと
言った所かな。次々と襲ってくるゾンビやドローンを撃って
倒して行くゲーム。

・Nova-111 296 JPY
 ローグライクというかそのまま複雑なルールを簡易的に
したものという印象。つまりターンベース、迷路、攻撃など
は、同じだけど、ペットや空腹というのは無い。
タイムアタック(ステップ)要素があるようで、ステップ数
で、グローバルランキングが表示されるという要素がある。
だらだらやるのにいいかもしれないが、基本面クリア型で
数面クリアすると別のワールドに飛ぶという感じ。
 ちなみに、独自ルールとして、落ちているアイテム
回収すると爆弾が使えるとか、レーザーが使える(敵や
邪魔な障害物を壊せる)、科学者を助けてゴールする
というのがある。1回死ぬまでプレイしたけど、結構
面白いかもしれない。

・The Talos Principle 995 JPY

Mass Destruction 99 JPY
 アクションシューティングに分類した。戦車を操作して
見下ろし型マップに出てくる敵を倒して行くというゲーム。
何ていうか操作が直感的じゃないというか、一昔前の
操作性(ゲームそのものが一昔前)なので、現在の
操作に慣れていると非常にプレイがし難い。
 スティックの上で直進。左右で回転だったかな。
なんかそんな感じ。

・Streamline 139 JPY
 なんていうか説明が難しいゲーム。
四角いタイルが敷き詰められた平面に上からブロックが
落ちてくる。すると足場のタイルが崩れる。ランダムに
降ってくるブロックによってどんどん崩れて行く足場を
避けながら生き残って行くゲームかな。

・The Giants Game Pack 496 JPY
→Hotel Giant 2
→Industry Giant 2
→Transport Giant
 のパック。

ウィンターセールその3 [Steam]

今更ですが、ウィンターセールで買ったもの。
・Teslagrad 196 JPY
PS4で少しプレイした。
スクロールアクションパズル。磁力を操れるグローブ
を拾い、磁化できるブロックをNとかSに切り替えて、
引き合ったり、反発したりというのをうまく操り
先へ進んで行くというもの。迷路上のギミックを
うまく使いながら先へ進んで行く。面の終わりには
ボスキャラが居て、初見ではクリアは難しいけど、
何度かやればクリア出来るレベル。

・Shan Gui 49 JPY
 中国産、日本語対応のビジュアルノベル。
なんだけど、内容薄い。20分くらいで終了。
感想?んなもんない。救急車が横を通り抜けた程度の
全くお話しにならないノベル。何故評価が高いのか不明。
日本人が作った場合のいわゆる導入部の部分だけと
言っても言い過ぎではあるまい。

・Back to Bed 149 JPY
 夢遊病者の主人と飼い猫?が登場。飼い猫を操作して
夢遊病の主人をベッドへと誘導するゲーム
主人は基本まっすぐしか進まない。なので猫は障害物を
置いて、障害物があったら必ず右へ曲がるという法則に
従って、誘導するというゲーム。
特長は、だまし絵のようなステージ。つまり猫は、壁とか
も移動出来るので、それを利用して面クリアして行く。

・Half Minute Hero Bundle 196 JPY
 勇者30の続編。何故かずっとパックものしか
売らないので、勇者30単品分損した。
30秒で世界を救うというRPG。時間に追われる。

・Alphadia Genesis 196 JPY
 日本語対応、いわゆるJPPGと言われるジャンル。
というか、日本のコンスーマによくあるもの。
ただ、ゲームコントローラーに対応してないのが不便で
やる気が起きないのが残念な所。

・RELIC ALONE 74 JPY
 アクションパズル。一見倉庫番っぽいビジュアル。
ああ、説明が難しい。ボタンを押すと石が動いて、
それを纏めるとクリア。ボタンを押す前に石が集まる
ように動かしてボタンを押すというパズル。

・Inbetween Land 196 JPY
Hidden Objectタイプのパズルアドベンチャー。日本語対応。
Hidden Objectというよりパズルがメインな印象。
ストーリー内容は、イマイチかな。
とりあえず、謎を解くというより、アイテム集めを
やって行ったらクリアという感じ。パズル以外では
詰まる所は無い。パズルはスキップすることが出来る
ので、スキップしまくったら、あっさり終わる量。
ちなみに終わりはあっさりしている、しすぎている。
クレジットも無い。
 友人が行方不明になったので、友人の軌跡を辿って行ったら
空を飛ぶ島まで飛ばされてしまった。そこは不思議な空間で
戸惑いつつも友人を捜す為に、そして、色々な館や
部屋に入る為にアイテムを集めて探索して行くと
その友人を見つけるが幽霊のような精神体になっていて
目的(クリスタルを集める)を告げられるので、クリスタル
を集める為に右往左往。アイテムを見つけてきてパズル、
扉を開けるのにパズルと、要所にパズルが仕込んである。
パズルは優しいのは優しいが、詰まると解けないという
ものがあった。

・Cortex Command 396 JPY
 なんかルール不明。操作も不明。というわけで先送り。

・Tropico 5 995 JPY
 日本語化可能なので購入。Tropicoシリーズは
全部買っているし。

・Our Darker Purpose 222 JPY
 ゼルダの伝説系、ローグライクアクションっぽい。
だが甘くない。弾はほぼ下(なんか移動すると少しナナメ
に出る)だけ。あとは逃げ回りながら敵を全滅すると
扉が開く。あとレベルアップもあるので、ARPGとも
言えるが(で、最初のレベルアップでは、移動速度か
球のスピードを上げられる)。
なんていうか、ものすごく我慢が必要だけど、我慢していた
のではダメージを少しずつ食らい結局死ぬので、死にゲー?
ちょっと合わないかも。

・Danmaku Unlimited 2 99 JPY
 弾幕シューティング。タイトル通り。1はイマイチだったけど
2は良くなっている。けど。弾幕好きじゃないとね。

・Monochroma 277 JPY
 横画面のパズルアクション。モノクロの世界観。
弟を運んで行くらしい。兄が色々道を造って、弟を
背負って先へ進む感じ。
 インターフェイスは日本語対応。本編では台詞とか
説明とか一切ないんじゃないかな。(今までの所
全く台詞他ない)

・Chariot 296 JPY
 XBOX ONEで見た。PS4にもあったと思う。
2D、横画面のアクション(パズルか)。Chariotに
乗ったり、引っ張ったり、チャリオットを起点にぶら下がったり
というのを駆使して先へ進んで行くゲーム。
 ストーリーとかは、王の墓が希望と違う!と死んだ王様が
いうので、墓を探して進んで行くみたな感じの模様。
日本語吹き替えあり。

・TNN Motorsports Hardcore TR 99 JPY
 PlayStationレベルのグラフィックトラックを使った
レーシングゲーム。というかPSのエミュレータで遊んでいる
ような印象。操作も同じだし。

・Finders 149 JPY
 日本語対応。一言でいうとお使い系。
2Dのマップ上で、指示される通りに次々と課題をこなして行く
というゲーム。

・Titan 59 JPY
 なんていうか、簡単にいうとブロック崩しみたなの?
自機がロボットでボールをそれで弾き返して周りのブロックを
崩して行くというものなんだけど、操作性が最悪で、自機が
とろとろ動くので思うようにボールを弾き返せない。
なのでイライラが募るというのでお蔵入りしたゲーム。

ウィンターセールその2 [Steam]

今更ですが。
プレイするのに時間がかかったんだもの。
・Magnetic: Cage Closed 222 JPY
 Portalみたいな、マグネットを使ったパズルプラットフォーマー。

・Half-Life 1 Anthology 370 JPY
→Half-Life
→Half-Life :Blue Shift
→Half-Life :Opposing Force
Team Fortress Classic
ハーフライフ1とその派生のセット。ハーフライフ1は
持ってなかったので持ってない物を全てという感じ。
一度プレイしているのでプレイするかは不明。

・Fractal 104 JPY
 LIFE GAMEみたいなクリックすると周りが点灯する
という感じなんだけどルールが不明。日本語対応なんだけど。

・Murdered: Soul Suspect JP 733 JPY
 日本語対応。

・Rocksmith 2014 750 JPY
PS3版のケーブルが使えるようなので。
まあPS3版も、一度起動しただけでほとんどやってないんだけど。
結局チューニングだけして終了(苦笑)

・The Bluecoats: North vs South 119 JPY
 日本語対応。ただし、肝心なヘルプが表示されない。
なので、やって覚えるという感じになっているが、どうも
良くわからない。基本は戦略ゲーム。それにアクションが
混じっている。まずは陣取りターン。自軍の陣地に敵が
入り込んだり、逆に敵の陣地に入ると戦闘。
また自軍の陣地に敵軍の列車が通ると襲う事が出来る。
それぞれアクションの要素があるっぽい。
ターンは自軍を動かし、陣取りをする。次に列車が到着し
軍費が手に入る。手に入った軍費で要員を買ったり出来る。
なんかそれを繰り返して、自分が北軍なら北軍を操作、
全土統一を目指すゲームっぽい。

・Residue: Final Cut 119 JPY
 日本語対応なんだけど良くわからない。
ゲーム画面がやたら暗いのは良いとしても上下左右で
キャラクタが動くのはわかるんだけど、それ以外のアクションが
さっぱりわからない。初っ端で爆弾にやられて終了。
かと思いきや、オープニングが始まる。基本操作は、
方向キーとAボタンっぽい。やたら台詞が多く、読ませる
アドベンチャーと言った所。
 というわけでクリア。シーンごとに操作するキャラクタを
変えつつ(計3人)、それぞれのキャラクタが持っている
アイテムを使い(少年=ジャンプ、老人=懐中電灯、
男=グラップル)先へ進んで行くアクションアドベンチャー。
所々、亡霊みたいなのが現れてなにか言うイベントシーンがあり、
このイベントを見ながら(見ないと先へ進めない)、
進んで行く。日記のようなものの収集要素もあり、それなりに
やり込み要素もある。
 イライラするのは、やっぱりそれぞれのキャラクタで
出来ない事があること。ここでジャンプ出来たら…
みたいなの。まあ、慣れるまでだけど。あと日本語が難しい。
訳が悪いわけではなく、元々の文章がものすごい内容が濃く
読ませるタイプなので、この辺はゲームにあってない気がする。
#アクションじゃなければ…でもやっぱり難解な気がする。
短所はこれくらい。
 逆に、イライラすると書いた部分も慣れれば面白くなる。
特にグラップルアクションは面白かった。懐中電灯は
イベントシーンを見る為に必要と言った所か。ジャンプは
普通のアクションゲームと同等。
 ある程度進むと意地になってクリアしようと思ったので
結構面白かったということだろう。

・Gun Rocket 22 JPY
 ロケットを回転と推進力でゴールを目指すゲーム。
タイムアタック要素があり、ゆっくりやれば簡単なんだけど
早くゴールにたどり着こうとすれば途端に難しくなるという
感じ。

・Legends of Atlantis: Exodus 174 JPY
 伝説の始まりという邦題。日本語対応。ストラテジーアドベンチャー
と言ったカテゴリ分けをしてみた。まあ、お使いゲーム。
目標を設定され、その目標に向かって指示を出して働かせる
というゲーム。設定は海に沈む運命のアトランティスを救うと
いうもの。

・F1 Race Stars 370 JPY
 さすが、Cordmasterと言った所。デフォルメしたF1
のレースゲームでマリオカートの要素(アイテム取って
邪魔をする)を加えたもの。レース中の操作感が非常に
良い。ちなみに、日本語対応だけど、ほとんどいらない
レベル。会話は無いので。いわゆるUI日本語。

ウィンターセール、その1 [Steam]

今更ですが、ウィンターセールで買ったもの。
・Auditorium 104 JPY
 音楽系パズル。星の引力を利用して流星?を
コントロールして所定の場所に流星を到達させると
音楽がなり、ある程度音楽がなればクリアという
面クリア型パズル。星?と言っていいのか、引力を
発生させるものには方向性があり、流星がその側を
通るとその方向に流星が流れる。星?も複数あり方向も
色々。うまく組み合わせて流星をコントロールする。
ちょっとインクレディブルマシーンを思い出すような
パズル。

・Betrayer Steam 196 JPY
 FPS。

・GemCraft - Chasing Shadows 196 JPY
 Gemを使ったタワーディフェンス。ジェムが砲台の変わりかな。
そのジェムを合成したりする事が出来るのが特長。
あとは、普通のタワーディフェンスという印象。

Super Toy Cars 196 JPY
 良くも悪くもレースゲー。いわゆるマリオカートタイプ
というか、いわゆるお邪魔とかパワーアップアイテム
で邪魔したりする。あと舞台が玩具的なコース。
こういうタイプのゲームは結構あるけど、それに
比べたら非力。コースの端に当たるとめり込んだり
という詰めの甘さもあるけど、なにより、操作感が
なんか違う。レース、タイムアタック、エリミネータ
というレースのモードがあったり頑張っているんだけど
詰めの甘さで微妙になっている。

・Pretentious 199 JPY
 青い□と赤い■は恋人同士みたいな設定で、青い□と
赤い■をくっつければクリア。アクションパズルといった
ところかな。

・Wyv and Keep: The Temple of the Lost Idol 148 JPY
 忘れられし邪神の都という邦題のタイトルあり。つまり
日本語対応なんだけど、全部ひらがな。Steamではアクション
アドベンチャーにカテゴリー分けされているけど、パズル
アドベンチャーと言った感じ。2人のキャラクタを使い分けて
ゴールまで導くという面クリア型。使い分けてといっても
片方が片方に乗って高い所にジャンプするとかそういう
感じ。片方がゴールにたどり着けば良いというルール。

・The Blue Flamingo 99 JPY
 絵が奇麗な縦スクロールシューティング。実際、背景は
ミニチュアセットを作っているらしくかなり奇麗。
だけど、肝心のシューティング部分がダメダメ。
まず、自機のショットが非力すぎる。金を稼いでパワーアップ
出来る物の、RPG的要素があるならまだしも、ダメージは
ライフ制で、ライフが切れたら終了。また、3面までやった
けど、延々と同じ敵が出てくる。面白くない。

・Solar Shifter EX 179 JPY
 画像が奇麗なシューティングゲーム。
ただ、勝手が違う。遠近法的な作りになっており、弾が
ナナメに飛んで行く。中心に向かって。斜めスクロールの
時は、斜め中心に向かう。これだけで、ものすごくやり難い。
加えて敵の攻撃が絶え間なく直線に飛んでくるのもなんか変。
異様にやりにくいほぼ縦スクロールシューティング。

・Rainbow Hero 69 JPY
 倉庫番系パズル。序盤はどう橋を動かすか?という
パズル。橋を乗り継いでゴールまで行くという感じ。
橋は矢印の方向に障害物(壁や他の橋)にぶつかるまで進む。

・Sparkle 3: Genesis 49 JPY
 泳ぐ感じが気持ちいい?カジュアルゲーム。
はっきりってよくわからん。

・Hypt 79 JPY
 なんていうのかな。アクション?
基本、砲台みたいなのをWASDでコントロール。マウスで
リフレクト板みたいなのをコントロールして、反射して
敵砲台を倒して進んで行くみたいな面クリア型ゲーム。
ちょっとブロック崩し要素(感覚だけ)がある感じ。
アイデア的には面白いと思う。

・Dead Island Collection 596 JPY
 Dead Island Riptideを持ってなかったのだが、
それを買うよりコレクションを買った方が安いという
良くあるタイプ。加えて全DLCが付いているっぽいので。
#とりあえず、全DLCが持っている事になっている。
まあ、プレイしない可能性が高いんだけど。

・MOAI: Build Your Dream 167 JPY
 お使い系ゲーム。面のスタートで目標を設定され
その目標を達成する為に、色々操作する。
目標は、村をいくつ作るとか、気を何本切るとか。
日本語対応。

Steam旧正月セールで買ったもの [Steam]

旧正月セールより。全体的に大型セールより
かなり小粒。基本割引率が低く、また目玉となるものも少ない。
通常のデイリーや週末セールと同等か、それ以下という印象。
以前はもっと安かっただろ?というものも多数ある。
そんな中から安いものを適当に見繕って買ってみた。
プレイした物は簡単なレビューを書いているが、まだプレイしてない
ものは、タイトルと値段だけ。
他にも安いものはあるのだが、既に持っている(1800本も持っているので)
ものを除いて安いと思った(基本75%オフ以上割引)物だけ購入。

・Puzzle Agent ¥ 99
・Puzzle Agent 2 ¥ 196
・Lichdom: Battlemage ¥ 398
・Void Invaders ¥ 59
 派手なインベーダー(ギャラクシアン含む)ゲーム
 評価は高い模様。ちょっとやってみたが全然面クリアが進まず
 未知数。最初は自機の動きがめちゃ遅いが、おそらく進むとパワーアップ
 して行くんだろうなと思う。
・Muffin Knight ¥ 104
・Quell Collection ¥ 159
 Quell
Quell Memento
Quell Reflect
 のパック

Princess.Loot.Pixel.Again ¥ 74

・Dragon Commander \ 597
 日本語化できるので購入。

・The Room \ 124
 もともとiPhoneとかで出ていたゲームのPCエディション
グラフィック等はリマスターされており奇麗。
箱があり、それを開ける事を目的とするゲーム。
カギを探し、ギミックを解きということをする。
ダブルクリックでズーム、右クリックでズームアウト。
マウスで傾けたり回したりスライドしたり。
全部で4面?ほどあり、それぞれ手応えはばっちり。

・A Bird Story \ 124

・Shu's Garden \ 124

・Daedalus - No Escape \ 159
 見下ろし型の対戦シューティングゲー。
ちょっと失敗した。

・Dark Echo \ 50
 暗闇の中、歩くと足跡が残る。そして、足音の
エコーだけが見える。これで地形を判断し、脱出を
はかるというゲーム。アイデアはものすごく面白い。
通常のエコーと、水たまり、扉、それぞれエコーの見え方
が違うので、それを見ながら脱出する。
また敵や危険な場所も赤いエコーで表示されており
効果的にビジュアルに反映している。
面白い。ああ、一応日本語対応。

WLR-1167Z [レビュー]

●11ac/n/a/g/b対応無線LANルーター親機/867+300Mbps/有線Giga WLR-1167Z 4980円

無線LAN規格
IEEE802.11ac
IEEE802.11n
IEEE802.11a
IEEE802.11b
IEEE802.11g
周波数(中心周波数)
2.4GHz : 2,412~2,484MHz
5GHz : 5,150~5,725GHz
チャンネル
2.4GHz帯 : 1~13ch
5GHz帯
[W52]36, 40, 44, 48ch
[W53]52, 56, 60, 64ch
[W56]100,104,108,112,116,120,124,128,132,136,140ch
伝送方式
IEEE802.11ac : MIMO-OFDM方式
IEEE802.11n : MIMO-OFDM方式
IEEE802.11g : OFDM方式
IEEE802.11b : DS-SS方式
IEEE802.11a : OFDM方式
転送速度(理論値)
IEEE802.11ac : 最大867Mbps
IEEE802.11a : 最大54Mbps
IEEE802.11n : 最大300Mbps
IEEE802.11g : 最大54Mbps
IEEE802.11b : 最大11Mbps
アンテナ
2.4GHz:送受信 x2本
5GHz :送受信 x2本
アクセス方式
インフラストラクチャモード
セキュリティ
SSID(ステルス設定可)、WPA2-PSK(AES)、 WPA-PSK(TKIP)、
WEP(64bit/128bit)、 MACアドレスフィルタリング
設定方式 WPS
 という仕様。
購入の決め手は
・価格(安いのでダメもとというのもある)
・有線LANの速度(理論値最高940Mbps)
・11acを試してみたかった
と言った所。価格も価格だし、ま、実験的にというつもりだった。
けど、実際購入してみた所機能としては十分、思ったより良かったという。

 本体は今まで使っていたものより小さく軽い。はっきり言って安っぽい。
WANポートとLANポート4本が付いており、必要充分。
表側には青色LEDが4つ付いており、WPS,POWER,5GHz,2.4GHzを表す。
他にリセットと、中継モードとの切り替え用のスイッチが付いている。
まあ、普通の無線LANルータと差異はないだろう。一応これでも
マルチSSIDの機能もあり、なかなかである。

 まずはPCと有線LANで接続、電源を入れて192.168.2.1にアクセスして、
メニューを呼び出す。無線LANとかの設定を従来使っていたものに変更して
保存、再起動する。立ち上がったら、一応設定が思った通りになっているか
確認して、一度電源をオフ。従来使っていた物と交代。
これで、接続されるクライアントの設定を変更せずに置き換え完了。
ちょっと設定でミスって(マルチSSID関連)時間を食ってしまったが
30分ほどでセットアップ完了。

 実際に試してみた。
Steamのダウンロードは最大160Mbps程度。これは外部との接続なので
これが実力なんだろう。
基本NASとの接続速度に期待したのだが、
11nで最も早いもので、170Mbps程度。理論値300Mbpsなのでほぼ実効値程度。
11acだと50MB/S程度出ているので400Mbps程度出ている計算。
理論値867Mbpsなので、約半分程度なのでこれも実効値としては悪くない。
なので、予想と反して悪くない結果に。
有線LANも試してみたが、400Mbps程度出ているので、有線LANの実効値は
コレくらいだろう。
今までのものが80Mbps程度だったので、かなり良くなっている印象。
もともとは高めのものを買うつもりだったけど、しばらくはこれで充分
という結果になってしまったので置き換え決定。安っぽいんだけど、
実力が今までの物より上なので、しばらく使う予定。
新しくなったら順次置き換えて行くのが良いということが良くわかった
結果になった。

 問題が一つあった。接続が無くなるとDHCPを開放する模様。
NASのアドレスが、変わってしまって、これでは使い難い。
今までの無線LANルーターは、一度割り振ったIPアドレスは
固定されていたので、これは面倒臭いというわけで、固定IPアドレスに
設定し直し。設定するには、MACアドレスが必要でコレもまた面倒臭い。
また、IPアドレス固定をした後、再起動しても立ち上がらない。
#一度電源を落とす必要がある。

他に問題が無ければいいなぁ。

真っ先にNHKが停波されるべきだな。 [ネタ]

どこかのおばかさんが以下の事をいったらしい
『放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

となると、日曜討論とか時論口論では公平性を見せているが、じつは形だけでほとんどの人が見ない番組で公平性とか言っているが、みんなが見るニュースとかでは公平ではない。
NHKに金を払っているので良くというかほとんど暇な時は見ているが、ニュースとかでは絶対に自民党に不利になるニュースはやらないし、不利になる事は言わない。
つまり政治的に全く公平ではない。
真っ先に停波されれば、視聴料金取られないし、喜ぶ人が多いかもしれない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。