So-net無料ブログ作成
検索選択

GALAX VISION (VR) GAVRA111H14U2 [ネタ]

●GALAX VISION (VR) GAVRA111H14U2 (GALAX) 48,000円
 VRってどんなものかというのを見たくて購入。54800円の期末セールの6000円
引きとクーポン800円を使ってこの値段という感じ。
 買う前に調べた所、Oculus DK1のアプリが走るということだったので
いくつか見てみた。左右が分離されるタイプのアプリは3Dで見える。
が、まあ実験用アプリということで、グラフィックはある意味稚拙。
見た感想としては、3D眼鏡で見る一時期はやった3Dと感じ方は同じ印象。
一応、視野角が広いというとで、大画面で3Dという見え方だけど、かなり
コンテンツに左右されそう。
あと、見え方が画面を中心で分けて左右中心を見る形なので、中心が見えず
拡張モニタとしては使えないので期待はずれか。この辺、たぶん、Oculus
とは違う所だろう。

 接続は、HDMIを接続してUSBを接続をすることで拡張モニタとして認識される。
画像がでない場合は左側にあるリセットボタンを押す事で出るようになる。
プラグアンドプレイで認識させた場合はリセットがうまく働かないようで
リセットを必要とすることが多い。近視用レンズが付いており、レンズを回して
取り外しするタイプ。場所が決まっているようで、取り付けには注意が必要。
眼鏡を使っているので、早速取り付けた。眼鏡を外して装着する感じになる
ので、どの程度見えるのか気になったが、問題なく使える。
 かけ心地は思ったより悪くない。少しくらいなら違和感無く装着出来るが
1時間ほどすると疲れる感じがする。対応ゲームで少し長い間つけていたが
やっぱり外した時の開放感はかなり強い。2時間装着くらいが限界か。
ちなみに本体は思った程重くない。なので重くてというわけではなく、どちらか
といえば、装着の圧迫感(緩めに設定しているけど)の方が気になった。

対応ゲームの紹介ページは、「Oculus DK1 アプリケーション」あたりで
サーチすれば紹介ページが出てくるのでそれを参考に色々ダウンロードしてみた。
フルスクリーンにすると、サブスクリーンには表示されない(プライマリディスプレイ
を変更しても出ないのがほとんど)ので、ウィンドウ表示にすると、メインと
拡張のちょうど中心に表示されるようになるので、それをマウスで掴みサブ
スクリーンに持って行くことで見る事が出来るようになる。

参考リンク
http://qiita.com/hiroyuki_hon/items/d8b240d1e4e327fc6b48
http://www.moguragames.com/entry/steamvr/
http://harukin.com/blog/2014/11/02/oculus-rift%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9%E3%82%84%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E7%B4%B9%E4%BB%8B/
Oculusのページへのリンクからダウンロードするものは、アカウント登録が
必要なので今回はダウンロードしなかった。
きちんと位置センサーに対応しているアプリ(初音ミク関連)は、
位置センサーに同期して周囲を見渡せる。でも対応しているのが少なく
ほとんどきちんと見れてない。

 SteamのVR対応アプリは、スプリットタイプの画面が出せないので、ほとんど
使えない。あと、まだ発売されてない物が多く試せるものが少ない。
まあ、Oculus DK1対応のものがどれくらいあるのかわからないというかおそらく
DK2またはそれ以降に対応してくるのでほとんど使えないだろう。

持っているゲームでもVR対応の物があったのでそれを列挙しておく。
VR対応の一覧を見ると結構対応ソフトがあるが、まあ持っているものが
少ないので5本だけ。
・LEGEND OF DUNGEON
・TOYBOX TURBO
・Strike Suit Zero
・Qbeh-1
・AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! for the Awesome
ほとんどがDK1に対応してきているようなので楽しめるかもしれない。

 AaaaaAAaaaAAAaaAAAAaAAAAA!!! for the Awesomeを試してみた所、
きちんと見える。が、位置センサーに対応してないので魅力半減。
ビル?の高い所から落ちて、規定の位置に着地する”だけ”のゲームで
落ちる間隔が結構楽しめると思ったのだが、下を見る事が出来ず
あまり落下の怖さを体験出来なかった。

 Qbeh-1は、3D眼鏡で見たような3Dなのだが、マウスコントロール
出来ず試せなかった。ちなみに、起動する為には、プロパティから
β版をダウンロードしてきて、それを実行する形になる。

 TOYBOX TURBOは、VRモードに出来ず現在保留中。これは、うまく
出来れば結構効果が高いように思えるのだが。
一応3Dの起動の仕方は、フォーラムにピン留めされていることが多い。
TOYBOXも同様で、起動オプションに[-vr]を付けることで起動出来る
らしいのだが、うまく動かないので試せてない。

以下試すと追記するかもしれない。

Windowsのインストール中「インストールの最終処理の実行」でエラーになる [備忘録]

マウスコンピュータのノートPCにSSDを付けようと以下の物を購入。
●480GB 2.5inch TOSHIBA製 内蔵型 SATA6Gbps CSSD-S6T480NRG4Q
(東芝製コントローラー、東芝製メモリを積んでいるのが売りのようだ)
秋葉でも価格が下がってきている模様だが、通販の期末セールでかなり安くなっていた。
そして、Windows(7)のリカバリを行おうとすると、タイトル通りインストールの最終処理の実行中、再起動した後、エラーになってウィンドウズをインストール出来ないという症状が発生。
試しにWindows10のクリーンインストールを行ってみたが同様の症状に悩まされる事になった。
ちなみに、以前付けていたSK Hynixの物ではこういう症状は出なかったので、ある意味相性的な問題かもしれない。

色々試した結果、どうも、インストール後の最終処理の実行中に、ドライブを見失うらしいということが判明、「BIOS設定でHDDのSATAモードをAHCIからATAにする」ことで解決したので備忘録。

1)起動時のBIOS画面でF2キーにてBIOSへ
2)ハードディスクのモードをAHCIからATAに変更
3)リカバリする

尚、このモードでインストール後、AHCIに戻すと起動しなくなるので、このまま使用する必要がある。

このSSD、自作デスクトップに接続した時は、全然問題が無かった。
ただ、うちの環境ではそのデスクトップの起動が結構早いので(起動に数秒)気に入り、値段も下がっていたこともあり2個目を購入、入れ替え時にハマった。
 このマウスコンピュータのマシンには数ヶ月前に250GBのSK HynixのSSDを取り付けていた(250GBが下がっていたので購入)のだが、現在の使用状況ではサイズ的にギリギリ過ぎるので変更した。一応250GBに替える時に計算はしたし、色々構成を替えたのだが、今後の事を考えると心もとない。

というわけで取り替えたのだが、少し早くなったように感じる。現在Windows10にアップグレードして使用しているが、起動時のくるくる回るやつが半分くらいの回数で終了する。
これは、容量による速度アップなのか、個体差なのかはわからないが、どうなんだろう?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。