So-net無料ブログ作成

Lost Horizon [レビュー]

今更Lost Horizonをクリア。
日本語化MODがある普通のアドベンチャー。
http://www35.atwiki.jp/dw2_iyaku/pages/97.html
最後のスタッフロールに日本語化MODのメッセージが出てきたのには驚いた。
残念ながら一部英語のママという部分があるが、大きな流れでは問題ない。

まるでインディジョーンズをゲームにしましたよ。的な内容。
実際メニュー画面は映画館を模しているし。

最初にナチスドイツに追われた人たちが失踪。
それを探す為に友人である主人公が立ち上がったというストーリー。
その秘密は過去のミッシングリンクやアーティファクトと言った、オーパーツ的なもの。
#中で語られる細かい話は、複雑すぎて良くわからなかった。
その謎を追って、世界各地を転々としながら、香港から時にチベットへ、そして、ドイツへ、
インドへ。ドイツでは、世界を救う為にオリンピックで不正をし、みたいな話(笑)。

ゲームシステム
基本は、画面クリックしてオブジェクトを調べ、集め、それらを旨く使ってクリアしていくタイプ。
イベントリ画面内でオブジェクトを調べるとオブジェクトが分解していくつかのパーツに
分かれるというのが特徴。箱を手に入れた。箱を調べる。すると中からラジオが出てきた。
こういうような部分がある。また逆に、イベントリ画面内で、アイテムの組み合わせも行う。
複数を組み合わせたり、一度使った後別のアイテムと組み合わせたりなどがある。
だんだんと、アイテムを手に入れたら総当たりをし始める自分が居たりする。

あと、2名連携操作というのがあり、2名を切り替えて操作する。
全然別の場所にいる2名を操作し、アイテムの受け渡しをしたりする。
秀逸なのは最後の場面。1名が過去、1名が現在にいて、過去で操作した事が現在に影響する。
現在の主人公が行き止まりで立ち往生→過去の主人公が行き止まりの原因を排除する→
現在に切り替えると通れるようになっている。
このトリックは秀逸。ちょっと、クロノトリガーを思い出すような部分も。

クリック出来る所は虫眼鏡アイコンをクリックすることで、場所を示してくれるのだが、
それでも個人的には難易度が高く感じた。手に入れられるものは全て手に入れた。
組み合わせ(コンバイン)やデバイド(分離)も試した。でも先へ進めない。
こういう場面が多々あったように思う。
#ま原因は見落としなんですけどねぇ。
そうそう、例えば最初に詰まった所としては、香港で財布を落とし、見つけようと港へ。
港ではちょうど財布をつり上げた子供が居る。子供が言うには、財布を返して欲しければ
コウモリを捕まえてこいという。しかし、コウモリを捕まえにいけない。
#という所で詰まった。
その画面で出来る事が無くなってしまった為。実際は、他の場所に行ってアイテムを集め、
そしてコウモリのえさを集めてくるというのが正解ルート。でもコウモリというのが
頭にあり、他の場所へ行って、他の行動をすることを思いつかなかったというのがあった。
こういう部分があって、難しく感じる。

ただ、話は面白いし、映画を見ているように話が進んで行くのは楽しい。
日本語化も完璧ではないけど、楽しむ分には充分すぎるし、そうそう、ギャグ翻訳もうまい。
ゲームシステムには慣れは必要だけど、慣れてくればのんびり楽しめるのではないだろうか。
時間が有り余っている人にはお奨めしておきます。
ちなみに私は14.6時間以上かかりました(Steamの積算時間より)

#下手に内容を書くとかなりネタバレになるような気がして、これ以上かけない…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。